Home > 2008年08月

2008年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

[Topics] PhotosynthとPhotowalker

Photosynthを試してみた

MicrosoftのPhotosynthは、何枚もの画像を繋いで仮想の3D空間を作り出すことのできるサービスです。サイトにあるデモを見ましたら、フォトウォークの写真が使えるんじゃね?と思ったので、5月のフォトウォークで行った鶴見線国道駅の写真を10数枚用意してさっそくやってみましたよ

Windows Live IDとフリーソフトのダウンロードが必要ですが、使い方は至って簡単。繋げたい画像を3枚以上指定すれば、Photosynthが重複部分を見つけて全自動で繋いでくれます。短時間でそれをこなす技術がすごいらしいのですが、残念ながら私の選んだ画像ではまったく繋がりませんでした。繋ぎたい画像同士の角度が違いすぎるとダメだとかろいろ条件があるようなのですが、全自動のサービスなので、Photosynthにダメでしたと言われてしまうともうどうにもならないのがすっごいストレスでした。

Photowalkerも試してみた

そこでPhotosynthを初めて見たときから似ていると思っていた別のソフトPhotoWalkerを試してみることにしました。前々から気になっていたのでいい機会でした。使ったのはPhotosynthで繋がらなかった写真ですよ。

PhotowalkerもPhotosynthと同じく、画像を繋げて仮想の3D空間を作り出すのですが、東京大学・空間情報科学研究センターで開発された"STAMP"(Spatio-Temporal Association with Multiple Photographs)という技術が使われてるんだそうです。最新のヴァージョンは2005年公開のver.1.8で、個人で使用する場合には無料です。

Photosynthは全自動ですがPhotowalkerは手動で一枚ずつ画像を繋ぎます。一見面倒臭いようですが、慣れてくると早いです。何より自分の思ったように繋げますからストレスがありません!とはいえ、画像の数が100枚200枚となってくると手作業は辛いでしょう。また、ソフトが不安定なところがあって突然終了したりするので、こまめに保存しながら作業することをお勧めします。

photowalker_cap
こちらがPhotowalkerの作業画面。2枚の画像の重なっている部分を指定しているところ。
下のサムネイル一覧を見るとどの画像が繋がっているかがわかるようになっている。

繋げたものをウェブで公開するわけですが、画像やらShockwaveのファイルやらをフォルダごとアップできるスペースが必要です。自分のサーバーを持っている人以外はちょっと苦労するかもしれません。私はこのサンプルを公開するためだけにAmazon S3に手を染めました。

そんなこんなで作ったサンプルはこちらでご覧ください。

Kokudo Station

Photosynthはちょっと肩すかしでしたが今後に期待しましょう。それまではPhotowalkerでコツコツ手作業という感じかな。

kunixさん、国道駅を撮った写真を使わせていただきました。ありがとう。

[Topics] Googleマップ日本版にも「ストリートビュー」機能


勝どき橋西から見た勝鬨橋。ああここ通った通った、という感じ。

Googleマップ日本版にもいよいよ「ストリートビュー」機能が追加されました。まだ、全国の数都市が対応しているだけですが、待望の機能でしたのでさっそく使ってみました。

Googleマップを開いて右上の「ストリートビュー」ボタンをクリックすると青い道が表示されます。この青い道上で、Googleカーが走りながら撮影した画像を見られるんですね。

希望の場所をクリックすると人間のマークと「ストリートビュー」の画像が表示されます。視点の切り替え、場所の移動、画像の拡大などの操作は説明なしでも簡単にできました。

先日フォトウォークした築地界隈を見てみましたら、結構細い道もGoogleカーが走っていることに驚きました。沿道の様子もかなり細かくわかります。写っている人の顔や、車のナンバーなどはひとつひとつ消してあるようです。

フォトウォークのコースを考えるとき、この「ストリートビュー」を使えば、街の様子を今までよりもイメージしやすくなりますね。主催者としては安心材料が増えるので大変便利な機能です。でもフォトウォーカーとしては、知らない街を歩きながら思いも寄らぬ風景に出会うドキドキ感は薄れてしまいそうです。痛し痒しですね!

[レポート] 7/27 夕涼みフォトウォーク in 築地!

Take 1
photo by chidorian

真夏の炎天下コンクリート街を歩くのは厳しい…。そこで、考えついたのが「夕涼みフォトウォーク」。日も長くなっている事からスタート時間を遅らせ夕方までのんびりフォトウォークを企画!歩いたあとには冷えたビールが待ってる?

15時からジョナサン築地店でプレフォトウォーク、そろそろと皆集まってきた。16時前になり、集合地点の築地本願寺へ移動しミーティングをしたあと、しばしお寺を堪能する。警備員さんが庭にある数珠の木を御丁寧に説明してくれた。外はちょっと蒸してきて夏の夕暮れの雰囲気、本願寺の中はひんやりとしていてスケールも大きく、皆それぞれ探索をしながら楽しんだ。

大宗旅館のご主人
photo by shinyai

その後、築地界隈へ。写真を撮っていると、地元の人が色々教えてくれたりと話題に事欠かなかった、特に以前「大宗旅館」を営んでいたご主人はその経緯を親しげな話しぶりで丁寧に話してくれた。ただ写真を撮り歩くのに加え、地元ならではのお話しやコミュニケーションは大変楽しく貴重なものである。

P1020311
photo by tujido_neko

そして、事件!いつものセレモニーとなっているムハマド氏の「お祈り」。このときは丹念に時間をかけたものであったのだが、ありがたいその姿をフォトウォーカー達がカメラに納めていると、「お祈り」の周りに地元の子どもたちが集まり「尋問」を開始したのだ。しかし、祈祷に集中するあまりか尋問に答えなかった代償は写真のような惨劇に。子供らにおもちゃの銃で撃たれまくりながらも撮影を続けるムハマド氏であった。

The photographer does it each
photo by toshisyung

そして、噴水のある公園にでた。osho氏が水ニモマケズで果敢な撮影スタイルを披露した。この「あかつき公園」で皆それぞれひとしきりここでも撮影。

その後、ほんの少し雨が降った気がしたが、一気に景色の開ける隅田川沿い、本日の大物勝鬨橋。ここでは橋の両側に分かれ、各々フォトウォークを楽しみ橋を渡った後合流した。

Light way
photo by toshisyung

一旦勝どき駅でアフターフォトウォークに参加する人としない人に別れ、会場へと移動。会場がある晴海トリトンの手前に黎明橋がある、この橋やトリトン脇の景色がまたポイントとなり、しばし暗くなるまでの間撮影。ちょうど時間となったので会場へと移動した。

楽しくAPWも終り外へ出ると涼しく気持ち良い風!APWの間、激しい夕立が通り過ぎたのであった。

Reported by toshisyung 

(この日の参加者は16人でした)

Link [お知らせ] 7月27日は夕涼みフォトウォーク in 築地!

Home > 2008年08月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。