Home > スポンサー広告 > [お知らせ] いよいよ明日!大森フォトウォーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://photowalkjapan.blog40.fc2.com/tb.php/34-5ce24bc5
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from テクテクパチリ!

Home > スポンサー広告 > [お知らせ] いよいよ明日!大森フォトウォーク

Home > お知らせ > [お知らせ] いよいよ明日!大森フォトウォーク

[お知らせ] いよいよ明日!大森フォトウォーク

いよいよ明日に迫ってまいりました、東京・大森フォトウォーク。天気予報はまたも雨なのですが、今のところ予定のコースでおこなうつもりでいます。

いつもフォトウォークの時には、タイムテーブルやコース図を載せたプリントを配るのですが、その中に撮影ポイントなどを「今日のみどころ」としてまとめています。今回はこんな感じです。

(1) 東貫森稲荷神社 昭和13年建立の狛犬と大正7年建立のきつねがいます。

(2) 密厳院・お七地蔵 天和の大火(1682年)の際に避難先で出会った寺の小姓に再び会いたいばかりにその翌年に放火未遂を起こし、捕らえられて鈴ヶ森刑場で火あぶりの刑に処せられたのが八百屋お七。そのお七の三回忌に、供養のために地蔵菩薩像がつくられました。

(3) 第二弁天湯 2008年9月30日に廃業してしまった銭湯。建物が残っていたら中を撮影させてほしいものです。

(4) 守屋家住宅 昭和4年(1929年)建築。良質の材を用いた質の高い和洋折衷住宅であることから、平成12年に国選定登録有形文化財に指定されました。

(5) 鷲(おおとり)神社 社殿は昭和28年建立。酉の市には大勢の人で賑わうそうです。

(6) 鐵道院鉄柱 明治45年(1912年)に、当時の鐵道院の命によって鋳造された鉄柱が、大森駅前に残されています。旧大森駅の跨線橋に使われていたもののようです。

ポイントとしてはとりあげませんでしたが、地図を見ていると稲荷神社が多いのが気になります。東貫森稲荷の他にも、甘酒稲荷、穀豊稲荷、伏見稲荷などがありますね。なんでも神社の4割近くが稲荷神社だそうですが、それは江戸時代の江戸でお稲荷様が爆発的に流行ったかららしいですよ。それはなぜか。湯浅徳子さんが書かれた論文が面白かったのでリンクを張っておきます。

稲荷信仰から見える江戸[PDF]

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://photowalkjapan.blog40.fc2.com/tb.php/34-5ce24bc5
Listed below are links to weblogs that reference
[お知らせ] いよいよ明日!大森フォトウォーク from テクテクパチリ!

Home > お知らせ > [お知らせ] いよいよ明日!大森フォトウォーク

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。